そんな日もあるさ

うつ病ライターがお届けする日常や趣味の世界をどうぞ。

うつ病で休職していた時に新しく始めた趣味!人生が豊かになりました。

 

 

どうも。

 

だいぶ気温も上がって来て、過ごしやすい日が続いてきましたね。

僕の住んでいるところだと来週あたりから夏日になる日が続く模様で、昼夜の寒暖差に気を付けたいと思っています。

 

さて今回は会社在籍時にうつ病を発症し、休職していた時に新しく始めた僕の趣味のお話をしたいと思います。

 

みなさんは何か趣味はありますか?

うつ病を発症する前は、昔からサッカーをしていたこともありフットサルをよく体を動かしていました。

 

他にはカメラとかも少しだけですが触ったり、好きな音楽を聴くことが多かったです。

 

ただ仕事が忙しくなり疲れが蓄積されていると、休日でもよく寝ていたりテレビを見ていたり、子供を公園に連れて行くことぐらいしかしていなかったのを覚えています。

 

そうこうしているうちにうつ病を発症してしまい、何もすることが出来なくなりました。フットサルのような運動はもちろん、好きだったテレビも見ることが出来ず。

 

唯一、音楽だけは何とか聴くことができていたので良かったです。

 

休職期間も数カ月経ち、徐々に体を動かせるようになってからは少しづつ何かやりたいという気持ちが沸き上がって来ていました。

 

でも休職していて一人きりの時間をどうやって過ごすか?

音楽を省けば、DVDを借りて映画を観るくらいかなと思いましたが、残念ながらうつ病を発症して以降、今でもテレビはあまり見ないようになりました。

なので映画も自然と選択肢の中から消え、本当にやることがなく暇を持て余していたのです。

 

そんな時、唯一この番組だけはしんどくても見たいと思えたNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」のとある回で、ある職人が登場していたのですが、その職人の方も実はうつ病を発症した経験があり、辛い過去を乗り越えて来たとのことでした。

 

そしてその職人が日々のストレスや、仕事を頑張った自分へのご褒美として毎週金曜日に決まって飲み屋さんに行き、カラオケを熱唱することが趣味ですと言っていたのです。

 

曖昧ではありますが、どこかで必ずガス抜きや楽しいことをしないと、仕事がイヤになるというようなことを言っていたと思います。

 

まさに僕のことを言われているようで、心のノートに刻まれた神回でした。

 

実は僕も昔は友人とよくカラオケに行き、唄うことが大好きでした。

でも社会人になってからはほぼ行く機会もなく、趣味でもなんでもありませんでした。

 

しかし、この職人の方の行動を見て、勇気を出して一人カラオケに行ったのです。

 

始めは平日の昼間に、30代の男一人でカラオケに行くことがもの凄く恥ずかしくて、抵抗感が強かったのですが、一度経験すると驚くほど恥ずかしさもなく見事に趣味になりました。

 

                                   https://msp.c.yimg.jp/images/v2/FUTi93tXq405grZVGgDqG3YuPB1Y7fktAaxE-DT471lUOwjifNQD3XasF-UiVWtA0cW6Y8MtoHk7llzATicOps_9uRTuFq6P1Y8mJ6Bu4hQOZjNHhsZw-KccnoaxvYchwTKD2Bvh1DUWRdcfAg8xrMviI_Aq2JEKaeaQdv5YXmiB_0GGXnHU1dgclEeB1knOfLGb-WAst5Hz1zhmlUGE3benClp4ICpPDonc28_guYZ0dxlB3j1-UG6Pohg-wRs8nUu0GC_Sz0N3adesKA661bXrDVnHDCJBqZ961seCI54=/080501.jpg

 

もちろん今でも一人カラオケは行ってます(笑)

 

誰もいてないからこそ出来る、大熱唱や採点機能で高得点が出しやすい曲はなんだろうとか、とりあえず誰にも気を使わなくて良いのでスッキリしますよ。

 

それからというもの、もっと楽しめる趣味を増やしたいと思い色々やり始めました。

 

・テナーサックス

・園芸

・家庭菜園

DIY

・カフェ巡り

・漫画

 

今まで憧れを持っていたけど出来なかったことや、本やネットに影響され始めたものもあります。

 

どれも楽しくて、今でも趣味になっています(笑)

 

                                   https://msp.c.yimg.jp/images/v2/FUTi93tXq405grZVGgDqG54f5EuqBTZftL3E55VR7pDLiJlOV258tTKjNtwKxI1RqyOxq_kfggBRlvzmlMAjFymeG9QPbu76YcfDf5oTdkVzstGmZMsW1X38VIpnsaBQo8LKF6AjTRFPEJVogbdhDv4mxuUZYmlqg83lCUvBzGt3ZThxQVSSX3ufNQ7XrTK6P9BRdGb6MY4vF0HYTZemqhPk1omGnArk5DdLFIwx0HscOhaYQwh1W3eQ3AO2kBv6VCn09oNndz9-PXWnfx2R7DzEDhm0ckVHLM--56O8m_w=/shutterstock_152330027.jpg

 

うつ病で休職していると聞くとすごい暗いイメージを持ちがちですが、体が動くようになってくると案外楽しめちゃうものです。

 

もちろん体調がすごく悪い日もあり、毎日何かしら出来ていたわけではありませんよ。

 

でも体を動かすことはリハビリにもなりますし、日常生活を支障なく送れるようになり社会復帰するための第一歩ともなり得るので、ずっと家に中に閉じこもっているくらいなら、思い切って外に出て周りの目も気にせず楽しむことが大切です。

 

そういう意味でも趣味を持つことはこんなにも生活に変化をもたらすんだと実感しました。うつ病を発症する方の特徴の一つとして「真面目」というのをよく耳にしますよね。

 

だからうつ病を発症したら家で療養しておかなくては!と思い込んでいると思いますが、そのままだと復帰しても以前の自分と何も変わらないので再発リスクは高くなると勝手に思っています。

 

それにせっかく自分を見つめなおす時間が手に入ったのだから、自分を変えるチャンスだと思い何かにトライすると人生観も広がり、プラスにしかなりません。

 

落ちるところまで落ちたのだから何も怖いものなんてないですよ。

 

こういった時間があったからこそ、今僕は昔から憧れていたライターという選択ができたのですから。

 

うつ病だからと下ばかり見ていないで、「仕事を休めてラッキー!」くらいの勢いで楽しむという気持ちを持てば、きっと有益な休職期間を過ごせると思います。

 

短い人生、おもいっきり楽しみましょう!

 

ではでは。

 

 

https://blog.with2.net/link/?id=2062932 


うつ病ランキング

 

kazupirokun.hatenablog.com

 

 

kazupirokun.hatenablog.com

 

 

kazupirokun.hatenablog.com

 

 

kazupirokun.hatenablog.com

 

 

kazupirokun.hatenablog.com

 

 

kazupirokun.hatenablog.com

 

 

kazupirokun.hatenablog.com